おおいたリノ部屋

大分の空き家・空室対策・リノベーションのご相談

News

大分の街にピストバイクを走らせたい!大分市中春日町のピストバイク専門店Charlie!

大分から西大分へ向かうと左手に見えてくるあの空間。

通勤途中につい気になって見入ってしまったという方も少なくないのではないでしょうか。

そう!今回は、完全ブルックリンスタイルで作られたピストバイク専門店 Charlie(チャーリー)に取材に行ってきました!

Charlie(チャーリー)とは?

九州初となるカスタマイズピストバイク専門店で、LEADERBIKES&CARTELBIKESというピストバイクブランドの九州正規販売店およびBROTURES&DINERオリジナルパーツ正規販売店(こちらもピストバイクブランド)です。

ライフスタイルやカルチャーへ向けてのピストバイクライフを提案し、利便的でスタイリッシュなピストバイクを提供することや企業に向けての自転車での営業や宣伝効果等、ビジネスシーンでのピストバイクの提案も行っている。

「Charlie」のロゴマークとなるツバメは、ニューヨークの渋滞を走り抜けるメッセンジャーをイメージされていて、2017年2月26日オープン。

そもそもピストバイクって?

ピストバイクとはギア切替のついていないスタイリッシュなシングル自転車。

近年ではオリンピック正式種目としてトラック競技で使用されているほどメジャーに。

「ピスト」という言葉を以前から知っている人にとっては、ピストバイク=ノーブレーキピスト(ブレーキのついていないピストバイク)のようにと思うかもしれないが、もうそれは過去の話。現在の日本では道路交通法に基づき前後ブレーキの装着が義務付けられ安全・安心で乗れる自転車として移り変わってきている。

なぜ大分にピストバイク専門店を?

店主の荒巻さんは2014年の冬に初めての海外・ニューヨークにて世界の広さ、人の優しさ、自分自身を知り、ニューヨークでの様々なカルチャーに感銘を受ける。

マンハッタンの街を走り抜けるメッセンジャー、ダウンタウンに佇むピストバイクショップ、こういったニューヨークでの体験が「Charlie」の原点。

ニューヨークで感化されたピストバイクへの思いは日本に戻りさらに増し、その後、東京「BROTURES」と出会い「LEADERBIKES」のオーナーとなった。

その後、大分の街にピストバイクを走らせたいという想いはピストバイク乗りからピストバイクショップ開業へと変わっていった。

ピストバイク専門店なのにコーヒーも飲める?

ニューヨークの朝。街角のコーヒーショップでは通勤前のビジネスマンや待機中のメッセンジャーのピストバイクが店先に並ぶ。

ニューヨークスタイルをこの街にも。サファリコーヒーロースター・オーナー秋吉氏によりブレンド配合されたスペシャルティコーヒーのブレンド「Charlie’s Blend」を平日朝7時より販売している。

コーヒー以外にもこだわりのドリンクに注目。

Charlie’sBlend ¥300
ジンジャーエール BruceCostGingerAle(BCGA) ¥400
ビール Brooklyn Lager ¥500 など。

ー プロフィール 

荒巻誠史郎

大分県生まれ。現在40歳。

2016年7月大分市都町「LEAP」オーナー丹羽氏とのコラボレーションイベントで大分初のピストバイク展示会を成功させる。
その後、「CLUB FREEDOM」中村氏、「A TRAP」主催者DJ・KGによるクラブイベントなど、様々なシーンでのピストバイク展示によりピストバイク乗りが徐々に増えていく。2016年10月大分市中春日町にて、2年前にニューヨーク・ダウンタウン地区で見たレンガ壁の古いアパートメントを思わせる古いビルに出会い、ニューヨークでの経験から2年後の2016年10月に長年経営していた運送会社を廃業し、大分市でのピストバイクショップ立ち上げを決意する。
2016年11月、大分市府内町「Dedicated Design」田能村 勇氏に偶然にも出会いブルックリンスタイルの店舗製作を依頼する。数多くの案やセンス、そして、彼の率いるプロフェッショナル職人により大分では初となるブルックリンスタイルが完成する。

荒巻さんからのメッセージ

いかにスタイリッシュにカッコよく街を走るか、そのスタイルは世界中のメッセンジャー、スケーター、サーファー、アーティストらを魅了し、ピストバイクは彼らのライフスタイルを今までに無い「日常」へと変えていきました。

各国のメッセンジャーをはじめ様々なカルチャーに。今やピストバイクはニューヨーク、カリフォルニア、ロンドン、パリ、イタリア、スペイン、トーキョー、世界中の最先端なエリアで愛用されるシンプルでスタイリッシュな自転車の代名詞となっています

様々なカルチャーと融合して世界中に広まったピストバイクのように、この街でも衣・食・住とピストバイクが融合して新しいカルチャーが生まれていく可能性を感じます。

荒巻さんに学ぶ!これを知ってりゃピストバイク通!
ー LEADERBIKES

アメリカ・カリフォルニア サンディエゴに本社を構える世界NO.1ピストバイクブランド。
デザイン的なインパクトも然ることながら、ピストバイクの本質であるシンプルさに重きを置き、更にそこに重圧感、高級感、存在感を兼ね揃える。
LEADERBIKESを代表とする735TRのエアロフレームは自転車のイメージを根底から覆す。
マットブラックをフレームカラーに使用する無骨さが老若男女を問わず愛される秘訣であり、世界をはじめ、日本でも多くのアーティスト、ミュージシャン、業界人、芸能人がLEADERBIKESの虜となる。

ー BROTURES

LEADERBIKES日本総代理店。東京・原宿、吉祥寺、横浜、大阪、サンディエゴからストリートバイクカルチャを世界に発信する日本最大のピストバイクショップ「BROTURES」。単なる交通手段としての自転車を、カルチャーの持った自転車として伝え続けている。

ー CARTELBIKES

東京・西麻布ピストバイクショップ「DINER」オリジナルプライベートブランド。
リーズナブルな価格でありながら、ストリートに特化した細身のクロモリフレームはカルチャーを問わず誰もが魅了する。

ー DINER

東京・西麻布、閑静な街並みに佇むピストバイクショップ「DINER」
オリジナルプライベートブランド「CARTELBIKES」から近年、女性へ向けてのピストバイクを提案する。

ー INFORMATION 

Charlie(チャーリー)
大分県大分市中春日町12-35 UNITED KASUGA 1F
097-578-8776
駐車場無し(近隣有料駐車場アリ)
クレジットカード使用・可
Mail:info@charlie-jp.com
HP:http://charlie-jp.com/

Open
Weekdays  7:00-19:00
Weekend 12:00-20:00
Closed on Wednesdays

photo by Yuichi Tatsukawa

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう